小学生のピアノ♪

日本に帰国してピアノ教室 *Musikträume* を始めて丸3年が過ぎました。
毎日楽しくピアノレッスンをさせて頂けるのも生徒さんと保護者の方々のおかげです。
本当にいつもお世話になりありがとうございます。

e0120020_8155030.jpg

教室を始めた頃から通ってきてくれている生徒さんも小学校3年生だった子が6年生に、そして中学生になった子も。。。
みなさんの成長を側で見させて頂いてひそかに感動している私なのです(笑)
ピアノを習うということは、手先が器用になったり、感情豊かになったり、コツコツ目標に向けて努力したり、何より楽器を演奏することができるという自信につながると思います。
ただピアノは毎日少しずつ練習しておかないと上達しません。
ときどきお問い合わせのお電話で『上手にならなくていい。楽しんでもらえれば。』っておっしゃる保護者の方がいらっしゃいますが、私はいろんな曲を弾けるようになるから楽しいのであって、練習しない子供は言い訳ばかりするようになり、かえってピアノを習うことが成長の上で悪影響になっていると思います。
「ママが練習しなくていいって言った!」と?なことを言う子供さんもいます。。。
ご両親に言われるから練習するんじゃなくて、自分で1人ですすんで練習する子供になるようにご家庭でも工夫してみてください。
保護者の方々は温かくときにはきびしく見守ってくださるのが1番です。
人それぞれ好き嫌いがあるので残念ながらピアノと相性の悪い子供もいると思います。
でも小学校の6年間コツコツとピアノを練習しておけば、楽譜が読めて両手で弾けるようになり、そしてもし将来の進路を決める時に、教師や幼稚園の先生などを希望する時はとても役立つと思います。
またひとつの習い事を何年か続けたということは素晴らしいことなので、進学の内申書にも記入することができます(*^^)v
最近の小学生はたくさん習い事があって毎日忙しそうです(>_<)
じっくり学校のお勉強とピアノと遊びの時間をとれるといいですね(^_-)-☆

e0120020_8165352.jpg

こんな風に小学生のみなさんのピアノレッスンを考えている私なので、レッスン回数は月4回(年間45回)のみと決めさせて頂いております。
学校のお勉強と同じように集中してピアノを練習しましょう♪
ご了承よろしくお願い申し上げます<(_ _)>
[PR]

by musiktraeume | 2011-01-08 08:18 | Klavier♪ピアノ  

<< シャネルとストラヴィンスキー 敬愛なるベートーヴェン >>