カテゴリ:Klavier♪ピアノ( 14 )

 

お菓子の世界(*^_^*)

e0120020_17532485.jpg3月☆
春の訪れが待ち遠しいですね~。。。
ちらほら花粉症の辛さを耳にする季節でもありますが。。。
今月の新しいシールはまだ気が早いですが・・・サクラ♪
やっぱり人気です(^_-)-☆

さて来月にいよいよ発表会がせまった私のピアノ教室ではただいま追いこみ中です!
今週は発表会の写真撮影をしたりプロフィールの作成をします!
少しずつ発表会の準備をするのはとても楽しいです(^^♪
私も演奏する曲をしっかり準備しなくては・・・と、気持ちをひきしめています♪
生徒のみなさん、楽しい発表会になるように一緒に頑張りましょうね(^_-)-☆

今日は発表会でも演奏される方がいらっしゃいますが、湯山昭さんのベストセラー「お菓子の世界」のお話です。

e0120020_17544491.jpg

私がまだ子供だった頃、別のお友達が発表会でこの中の曲を弾いていました。
ショートケーキ、バウムクーヘンやウエハースなどかわいい名前の曲がいっぱい♪
すっかり魅了された私は残念ながらレッスンでは弾く機会に恵まれなかったんですが、大人になってから自分で楽譜を買いとても大切にしている曲集です。
大好きなスイーツとピアノ。
私にとっても素晴らしいコンビネーションなので(笑)いつか絵本とピアノのコンサートのKirscheの活動でも取り上げたいなって夢見ております♪

e0120020_17554018.jpgさてさて、先月のお菓子教室では・・・憧れのタルトを作りました!
タルト生地ってクッキー生地だったんだ!!!(笑)
衝撃的事実。
っていうか私が知らなかっただけなんですけれど。。。
アプリコットタルト。
とっても美味しくできました♪


e0120020_17562394.jpg白桃のムースの上に飾ってあるのは桃を薄く切って巻いて作ったバラの飾り物。。。
私のは丸太にしか見えんが。。。(+_+)

発表会でもチョコレートや金平糖などお菓子の曲も演奏します♪
今年の発表会はスイーツとピアノで盛り上げたいと思います(*^_^*)
ガンバルゾ!
[PR]

by musiktraeume | 2011-03-05 17:58 | Klavier♪ピアノ  

小学生のピアノ♪

日本に帰国してピアノ教室 *Musikträume* を始めて丸3年が過ぎました。
毎日楽しくピアノレッスンをさせて頂けるのも生徒さんと保護者の方々のおかげです。
本当にいつもお世話になりありがとうございます。

e0120020_8155030.jpg

教室を始めた頃から通ってきてくれている生徒さんも小学校3年生だった子が6年生に、そして中学生になった子も。。。
みなさんの成長を側で見させて頂いてひそかに感動している私なのです(笑)
ピアノを習うということは、手先が器用になったり、感情豊かになったり、コツコツ目標に向けて努力したり、何より楽器を演奏することができるという自信につながると思います。
ただピアノは毎日少しずつ練習しておかないと上達しません。
ときどきお問い合わせのお電話で『上手にならなくていい。楽しんでもらえれば。』っておっしゃる保護者の方がいらっしゃいますが、私はいろんな曲を弾けるようになるから楽しいのであって、練習しない子供は言い訳ばかりするようになり、かえってピアノを習うことが成長の上で悪影響になっていると思います。
「ママが練習しなくていいって言った!」と?なことを言う子供さんもいます。。。
ご両親に言われるから練習するんじゃなくて、自分で1人ですすんで練習する子供になるようにご家庭でも工夫してみてください。
保護者の方々は温かくときにはきびしく見守ってくださるのが1番です。
人それぞれ好き嫌いがあるので残念ながらピアノと相性の悪い子供もいると思います。
でも小学校の6年間コツコツとピアノを練習しておけば、楽譜が読めて両手で弾けるようになり、そしてもし将来の進路を決める時に、教師や幼稚園の先生などを希望する時はとても役立つと思います。
またひとつの習い事を何年か続けたということは素晴らしいことなので、進学の内申書にも記入することができます(*^^)v
最近の小学生はたくさん習い事があって毎日忙しそうです(>_<)
じっくり学校のお勉強とピアノと遊びの時間をとれるといいですね(^_-)-☆

e0120020_8165352.jpg

こんな風に小学生のみなさんのピアノレッスンを考えている私なので、レッスン回数は月4回(年間45回)のみと決めさせて頂いております。
学校のお勉強と同じように集中してピアノを練習しましょう♪
ご了承よろしくお願い申し上げます<(_ _)>
[PR]

by musiktraeume | 2011-01-08 08:18 | Klavier♪ピアノ  

ショパン / ノクターン Op.9-2

2010年の今年はショパン生誕200年の記念の年です。
私もシューベルティアーデでポロネーズ、ノクターンとミニコンサートでショパンの作品を取り上げさせて頂きました。
ノクターンは日本語では夜想曲といいます。
静かな夜にしっとりと聴きたいショパンのノクターン、今日はお好きな方も多い作品9-2変ホ長調のお話です。

この作品はショパン21歳の時に作曲されました。
パリのサロンで大人気だったショパンですが、ショパンがこのノクターンを弾き始めるとその場にいた人達は部屋の電気を消し、ローソクを灯してうっとりと聴き入っていたそうです。
ノクターンの魅力はシンプルな左手の伴奏に繊細な右手のメロディーが重なり、さまざまな音色の世界を繰り広げていくこと。
メロディーが何かココロにしみ込んでくるといったカンジでしょうか。

ショパンは25歳の頃、マリア・ヴォジンスカという女性と恋に落ち結婚の約束をしています。

e0120020_14475651.jpg

マリアが描いたショパンの肖像画

マリアへの手紙にこのノクターンのメロディーを書いて送っていることからも考えて、ショパン自身もこのノクターンをとても気に入っていたのではないでしょうか。
しかし病気がちのショパンは自分の娘にふさわしくないとヴォジンスキ家から婚約破棄の手紙が届きます。
マリアからの手紙をひとつにまとめてリボンでくるみ、「わが悲しみ」と書いたショパン・・・もしマリアと結婚していたらその後どんな人生を送ったのでしょうか。
彼女に贈ったと言われるワルツ第9番変イ長調は現在「別れのワルツ」という愛称で親しまれていますが、彼女との幸せな時間を感じ取ることができるステキなワルツです。
私はショパンのノクターンを弾く時毎回音色の発見があります。
音楽には無限の発見が隠されていると思いますが、自分だけの音色を探すにはノクターンがオススメです。皆様もしっとりとココロを込めて演奏し、大切な人に想いを伝えてはいかがでしょう(*^_^*)

オススメCD♪

e0120020_14564047.jpgポルトガルのピアニスト、マリア・ジョアンピレシュ。
しっとりとした彼女の演奏は私のお気に入りの1枚です♪
[PR]

by musiktraeume | 2010-08-11 14:59 | Klavier♪ピアノ  

3つのワルツ♪

次の日曜日、2010年2月7日は私のピアノ教室 Musiktraeume の第2回目発表会です♪
皆様、どうぞいらしてくださいね(^_-)-☆

さてさて、もうすぐ本番なので今1番大切なのは曲に対する気持ちを深めることと、体調管理。
どちらもいいカンジな私です(笑)
今回ピアノソロでは吉松隆さんの「3つのワルツ」を弾きます♪
吉松さんとの出会いは、大学時代にクラリネットの友人の伴奏がきっかけ。
かなりの衝撃でした(笑)
現代音楽なのに、クラシック+ジャズの雰囲気で聴いていてとても心地がいい。
私はドイツに住んで自分が日本人であることにもっと誇りを持たなくては!って感じたので、これからは日本の作曲家の方の作品をもっと弾いてみようと思っています。

さてさて、この3つのワルツ。
ステキな曲ですよ(^^♪
私は今回この3つのワルツを弾くにあたって、クリムトの作品からインスピレーションを得ています。
1曲目の緑のワルツは、まだあどけない少女たちの無邪気な様子、いろんなことに興味を持っていつもわくわくしっぱなしなカンジです。
だけど少しおませな感じがいいかな?(笑)

e0120020_2255133.jpg

Bildnis Maeda Primavesi

ちょうどこの少女のようなカンジです。

2曲目は虹色の薔薇のワルツ
この虹色については以前にもいろいろ試行錯誤しました(笑)
コチラを参照)。
虹色という曖昧な色たち。
すぐに変化してしまう儚い色。
ちょうど初めて人を好きになって自分の気持ちがいろんな色に変化していく様子で、少女が大人に成長していく過程かな?って思います。
絵は「乙女」。

e0120020_2257811.jpg

Die Jungfrau

この絵の中に出てくるさまざまな女性の心境を表せたらなと思います。

そして最後はベルベット・ワルツ
ココロから大切な人を見つけ、大人になった女性の華麗なワルツです。
やっぱりここは「接吻」かな(笑)

e0120020_22581024.jpg

Der Kuss

ウィーンでこの絵を見た時は時間が止まってしまいました。
この絵はあまりにも有名だけれど、それだけ人のココロをつかんで離さない魅力に溢れています。

・・・なんて。
かなり曲想が自分なりにしっかり固まったので、これからも自分のレパートリーとして弾いていけるように頑張りたいと思います。
さて、私自身は一体どのワルツなんだろうか(笑)
発表会にお越しくださった全ての女性のために弾きたいと思います。
自分のワルツはどれかどうぞココロでお聴きになってくださいね(^_-)-☆
(男性の方には・・・癒しのモーツァルトをお届け致します・・・笑)
[PR]

by musiktraeume | 2010-02-03 23:01 | Klavier♪ピアノ  

夢を叶えること。

いよいよ2009年最後の12月☆
あっという間に過ぎ去ってしまいそうですが・・・そろそろ来年の目標なんかを考え始める頃ですね。
今年私はとても充実した1年を過ごすことができました。
帰国してから2年、何とか自分が目標にしていた場所に辿りつけたと思います。
そして!
来年からはさらなるパワーアップ☆彡
いろんなことにまたまたチャレンジしたいなって思っています。
私がいつも前向きになれるのは、夢があるから。
叶えたい夢は欲張りな私にとってひとつではありません!(笑)
生徒さんとの小さな温かいコンサートをすること・・・これは大切な夢のひとつです。
すでに発表会でその夢は叶えることができましたが、もっと私の教室、私と生徒さんだけでしかできないコンサートをできるように頑張りたいと思っています。
大人の生徒さんがもっといろんな場所でピアノを弾きたいって思ってられることを聞いて、とても嬉しく思っています。
大切な趣味としてのピアノ、音楽の素晴らしさを感じ取ってくださっていることがとても嬉しいです。
なので!
来年はもっともっと演奏の場を企画できるようにガンバリマス♪
ぜひぜひ、コンサートの夢を叶えたいと思っておられる大人の方、ご連絡くださいね☆彡
ご一緒に夢を叶えましょう(^_-)-☆
ふふふ、私の教室の名前は Musiktraeume ムジークトロイメ
私は皆様の夢を叶えることのお手伝いができることを本当に幸せに思っています★

それと、ピアノを通していろんな方と世界を広げていきたいなと思っています。
ピアノ以外の楽器を演奏される方も一緒にコンサートに出演してみませんか?
小さなお話会+ミニコンサート、お茶会+ミニコンサート・・・などなど、夢は広がるばかり。
実はすでにひとつ実行しようと思っている企画が私の中でふくらんできています☆彡
少しずつ準備をしなきゃ!ってわくわくしっぱなしの私です。
ピアノ弾いている時にアイデアがぽんぽんと浮かんで、全然集中してないんじゃ?ってときどき不安になるんですが。。。

e0120020_13315760.jpg先日生徒さんからディズニーランドのおみやげを頂きました♪
いつもありがとうございます<(_ _)>

e0120020_13324882.jpgクリスマスシーズンのディズニーランドは最高ですよね☆
携帯ストラップはとっても気に入っています♪

さぁ!今日も元気よくお仕事行ってきます!
みんな、発表会の曲、弾けるようになってきたかな~???
[PR]

by musiktraeume | 2009-12-02 13:31 | Klavier♪ピアノ  

ダイスキな曲を弾きながら・・・♪

私はYAMAHAで楽譜や音楽グッズをいろいろ眺めるのがとても好きです(*^^)v
気になる楽譜を手にとっては、楽譜を読んで頭の中で音楽を流れさせる・・・。
おもしろい楽譜を発見しては発表会に使えるかな~ってあれこれ思案してみたり。。。
迷惑かもしれませんが(笑)何時間でもいれそうな勢いです。。。

先日とってもステキな楽譜を発見しました♪

e0120020_22385033.jpgディズニーリゾートで結婚式を挙げる場合のバックミュージックナンバー。
ランドのアンバサダーホテルとシーのミラコスタでは曲も違うんだなあ(*^_^*)
もちろん購入してしまったこの楽譜・・・お家でペラペラ幸せ気分で楽譜をめくりピアノを弾いているだけでもいい気分です(^_-)-☆

ただいま私はシンデレラにはまっているので(笑)『夢はひそかに』と『これが恋かしら』を練習中です♪

e0120020_22394823.jpg

先日生徒さんが『ピアノは子供の間だけ習うの。大人になったらやめる。先生は大人になってピアノ弾いていて楽しい?』って言うんです(>_<)
保護者の方に無理やり習わせられているのかな・・・って不安になりましたが、ピアノが弾けることはとても楽しいことを熱く語っておきました(笑)
私なんて今どんなにピアノを楽しんでいるか・・・来月からは別の生徒さんとシンデレラ連弾メドレーをするので今から興奮しているのに。。。
学生の頃結婚式やレストランでのピアノの仕事をしていてディズニーナンバーをよく弾いていましたが、またやりたくなってきた(*^^)v
ちょっと大人風に(?)ディズニージャズのレパートリーを増やしてどこかで弾いてみたいなって夢見ております♪
うふふ、どこで弾かせてもらえるかなあ(*^_^*)

A Dream Is a Wish Your Heart Makes

A dream is a wish your heart makes
When you’re fast sleep
In dreams, you will lose your heartaches
Whatever you wish for, you keep

Have faith in your dreams and someday
Your rainbow will come shining through
No matter how your heart is grieving
If You keep on believing
The dream that you wish will come true

e0120020_22411263.jpg

[PR]

by musiktraeume | 2009-06-29 22:42 | Klavier♪ピアノ  

6月9日☆

今日が誰の誕生日かご存じですか???

e0120020_1838854.jpgうふふ、ドナルド・ダックです(笑)
私はもともとディズニーが大好き☆
先日ディズニーランドに行ったから余計はまっていますが、毎週火曜日発売のドリームファイルがとても楽しみ(*^^)v

e0120020_1839861.jpgそして!今日はドナルドの誕生日。
ドリームファイルによると・・・ドナルドは短気で負けず嫌いの暴れん坊。
趣味は悪ふざけ。
恋人のデイジーは、アダルトな魅力を持つレディ。
ふふふ、オモシロイ★
ドナルドのデイジーにメロメロな姿は本当にかわいいですよね♪

ディズニーランドで優花は何とドナルド、デイジーと手をつないでぐるぐる回って遊ばせてもらいました!

e0120020_18431354.jpg

ウラヤマシイ、私も子供に戻りたい!!!って本気で思ってしまった(笑)

e0120020_18434290.jpg

トゥーンタウンのドナルドのボート。

e0120020_18441170.jpg愛する恋人のデイジーにちなんで船名は≪ミス・デイジー号≫なんだって♪

さてさて・・・今日はお誕生日に関するステキな曲をご紹介♪
吉松隆さんの『2つのロマンス』です。
この2曲は吉松さんの作品を録音しているピアニスト、田部京子さんのお誕生日にプレゼントされたらしいです。

1曲目『名前のロマンス』・・・田部京子さんのお名前の音名が組み込まれているそう。
よくシューマンが用いた作曲法ですね。
でもどこが???
どの音名かな?
ちょっとナゾが解けません。。。

2曲目『誕生日のロマンス』・・・こちらは誕生日の数字が組み込まれているそう。
変拍子の曲なのでそこに数字が関係しているのかな?

どちらにせよ2曲ともとてもステキな小品です。
自分の誕生日に曲をプレゼントされたら!!!ステキですねえ(*^_^*)
私は作曲はできないので・・・いつか大切な人の誕生日にこの2曲を弾けるように、今から練習しておこうと思っています(笑)
こちらの2曲が収録されているCD、プレイアデス舞曲集2は〈〉と〈〉に因んだ曲が集められています。
2つとも私のダイスキな言葉・・・ってことでこのCDはかなりオススメです(^_-)-☆

吉松 隆 : プレイアデス舞曲集 2

田部京子 / コロムビアミュージックエンタテインメント


吉松さんの作品はとても癒しに満ちています。
こんなステキな音楽を自分も弾けるようになりたいと願っていますが・・・なかなかクリスタルな音を見つけるのに苦戦しております。。。
ま、焦らずガンバリマス☆彡
[PR]

by musiktraeume | 2009-06-09 18:50 | Klavier♪ピアノ  

ココロに響くオト。

ドイツにいた頃、とても仲良くしてくれた歌手のライラ
私よりも6歳年上の彼女は本当にお姉さんみたいに私を可愛がってくれました。
そんな彼女のお部屋には植物と天使がいっぱい。

e0120020_21441549.jpg

そんなことをふと思い出して(笑)私も玄関の植木に天使をちょこっと座らせてみた。

e0120020_21444198.jpg

天使はきっと小さな幸せを届けてくれる。

e0120020_21451119.jpge0120020_21453045.jpg

ピアノレッスンに通ってきてくれる私の生徒さんにも幸せなことがいっぱい起こりますように。。。

ドイツにいた頃私が出会ったドイツ人たちは本当にココロが温かい人ばかりでした。
日本人との感覚とは少し違う優しさ。
しっかり自分の気持ちを言葉で伝えてくれる。
私の先生はピアノで演奏するメロディーにも言葉を当てはめるべきだと言っていました。
自分のココロの中からでた気持ちを相手のココロの中に届けなければならない。
自分がココロを込めて弾くだけじゃなくて、その気持ちを聴いてくださってる方にも伝える・・・とてもムズカシイことです。
ほんの一瞬でもココロを動かすことができる音、そんなオトを出せるようになるために日々修行です。。。
私にしか出せないオトがきっとあるはず!
天使がオト探しを手伝ってくれますように☆★

昨日お花がいっぱいの場所へ行ってきました♪

e0120020_21465562.jpg

エンジェルストランペット・・・こんなに大きなお花を小さな天使が演奏できるのかな~。。。(笑)
[PR]

by musiktraeume | 2009-05-04 21:50 | Klavier♪ピアノ  

ショパンを弾く。

ショパン・・・ピアニスト、ピアノを勉強する人、そしてもちろん全ての方が彼の作品の1曲を聴いたことがあるのではないでしょうか。

e0120020_231337.jpgピアノ曲ばかりを作曲したショパンは私たちピアニストにとっては特別な作曲家。
究極のピアニズムを追求し、繊細なメロディーと激しい情熱的な音楽が交錯するとても魅力的な曲をたくさん残してくれました。

子供の頃からショパンのワルツやマズルカをたくさん弾き、日本の音大時代はスケルツォ、バラードとすっかり夢中になりましたが・・・ドイツに行ってからはエチュード以外は全然弾きませんでした。
ドイツ音楽に興味を持ってベートーヴェン、シューマン、ブラームスに夢中になってしまったのも理由のひとつですが、少しショパンから離れたかったっていうのもあると思います、彼の甘い美しすぎる音楽から。
日本に帰国して私の生徒さんの多くがショパンを弾きたがるので、また私自身もショパンと向き合うようになりました。
すると少し離れていたからか最近はまた彼の魅力に気づき、やっぱりスバラシイって感動しまくりです(笑)
もっともっと彼の作品を弾きたいっていう気持ちがどんどんと湧き上がってきて、楽譜の中に何か特別なものがあるんじゃないかってドキドキして練習しています。
もちろん全然未熟な私なので途方にくれますが(笑)私自身がひそかにショパンと向き合うことは自由だって開き直っています。
私の大きな夢のひとつのコンサートにはショパンをプログラムに組めるようにこれからも私なりにショパンを勉強していこうと思います。
大切なものは焦らずゆっくり時間をかけて。
時には離れてしまった方がもっと気持ちが深くなったりします。
これからたくさんまた本を読んで、音楽を聴いて、もっとショパンを好きになります♪
先日TVで仲道郁代さんの『ピアノの詩人ショパンのミステリー』を見ましたがとても興味深かった!
ポーランドにもいつか行ってみたいです(*^^)v
[PR]

by musiktraeume | 2009-04-02 23:06 | Klavier♪ピアノ  

フォーレ / 組曲『ドリー』♪

子供さんと一緒に聴きたいクラシック音楽・・・いろいろオススメしたい作品はいっぱいありますが、今回はフランスの作曲家、ガブリエル・フォーレ (1845-1924) のピアノ連弾、組曲『ドリー』をご紹介します♪

1. Berceuse 子守唄
2. Mi-a-ou ミ・ア・ウー
3. Le Jardin de Dolly ドリーの庭
4. Kitty-Valse キッティ・ワルツ
5. Tendresse 優しさ
6. Le Pas Espagnol スペインの舞曲


e0120020_23153762.jpgこの組曲、何とフォーレが小さな子供ドリーのお誕生日ごとに1曲ずつプレゼントしたそうです。
そのせいか、ドリーが弾けるようにとの配慮からからか、比較的やさしく作曲されています。
だけど、フォーレ特有のハーモニーの美しさ、それに子供への愛情からくる温かさ、優しさに包まれたとってもステキな組曲です。

ドリーという少女(本名はエレーヌ、ドリーは愛称)、実は後にある別の作曲家からまたステキな組曲をプレゼントされます。
それは、同じくフランスの作曲家クロード・ドビュッシー (1862-1918)子供の領分
エレーヌの母親であるバルダック夫人がフォーレやドビュッシーと交流があったからだそうです。(バルダック夫人は後にドビュッシーと結婚)
それにしても何とも羨ましい少女です!(笑)

この組曲で私が疑問に思っていること・・・それは、第2曲『ミ・ア・ウー』第4曲『キッティ・ワルツ』
題名から想像すると、ネコが関係しているのでは???
そう考える方は多いらしく、たくさんの曲目解説書でも読んだことがあります。
だけど、実はそうではないらしいのです!
第2曲『ミ・ア・ウー』はまだ幼かったエレーヌが自分の兄ラウルのことをムッシュ・ラウルと呼んでいたそうですが、舌の廻らない彼女の発音がムッシュ・アウル Messieu Aoul となり、それがとてもかわいかったので、フォーレはこの曲を Messieu Aoul と名づけました。
だけど出版される際に手違いで Mi-a-ou となってしまったそうなんです。
ネコの鳴き声ではなかったの???
第4曲『キッティ・ワルツ』はもともとケッティ・ワルツ Ketty-Valse だったのが、またもや題名が変わってしまったらしい。
しかもこの Ketty はエレーヌの兄、ラウルの飼い犬の名前だそうです。。。
ってなわけで、ネコじゃないのです!!!
ネコ好きの私にとっては残念(笑)
・・・ですが、想像するのは自由なので(!)私はやっぱりネコの気分で演奏してるんですけれど。。。

6曲全部が魅力的で、演奏する方も鑑賞される方もきっとお楽しみ頂けると思います。
またこの組曲は、アンリ・ラボー (1873-1949) によって管弦楽に、アルフレッド・コルトー (1877-1962) によってピアノソロにも編曲されているので、また一味違った『ドリー』も楽しんでみられてはいかがでしょうか?

フォーレのその他のオススメ音楽はコチラ
さくらんぼ通信vol.2も合わせてどうぞ(*^^)v

にほんブログ村 クラシックブログへ
[PR]

by musiktraeume | 2008-10-25 23:22 | Klavier♪ピアノ