カテゴリ:Reise♪旅行( 3 )

 

アリアをピアノの音色で・・・

ただいま生徒さんが弾いてくれている曲、『Lascia ch’io pianga ~私を泣かせてください』。
ヘンデルのオペラ『リナルド』からのとっても有名なアリアです。
よくTVの挿入曲で使われているのできっとご存知の方も多いと思います。
ピアノ曲用にアレンジされているものなんですが、シンプルできれいな曲♪
自分がアリアを歌っている気分で弾いてくださいね!なんてアドバイスしています(笑)
ヘンデルは『メサイア』でとっても有名な作曲家ですが、たくさんのオペラを書いています。
バロック音楽のシンプルでとてもきれいなメロディーにココロ癒されるな~って思っている今日この頃です(笑)

さて、ドイツから帰国する前にヘンデルの生誕地であるハレに遊びに行ってきました。

e0120020_2215467.jpg

先輩をたよって遊びに行かせてもらったんですけど、ハレにあるヘンデル博物館へ連れて行ってもらいました。

e0120020_22161863.jpg

ヘンデルの曲を弾いたことがあまりないので・・・お恥ずかしながら私はあんまりヘンデルについて詳しくありません。。。
博物館にはたくさんの楽器やヘンデルについての資料がありました。

e0120020_22164337.jpg

バッハと同じ時代に生き、バッハとは対照的に旅にあけくれたヘンデル。
イギリスにまで帰化した彼ですが、生まれ故郷のハレを訪れてヘンデルのゆかりの地を散策してみるのはいかがでしょうか?

e0120020_22171335.jpg

e0120020_22172778.jpg

ハレは私にはやっぱりもと東ドイツっていう印象が強く感じられましたが、どこか哀愁があるカンジがしました☆
[PR]

by musiktraeume | 2008-06-16 22:34 | Reise♪旅行  

Leipzig♪②カフェ・バウム

私が目指していた場所は・・・1694年にオープンしたライプツィヒ最古の喫茶店であるカフェ・バウム

e0120020_20421180.jpg

ヨーロッパにコーヒーを伝えたトルコ人のレリーフが正面にあるのが目印。
ってことで中にはコーヒー博物館もありコーヒーの歴史にもふれることができるのです。
バッハのコーヒーカンタータの楽譜なんかも飾ってありました♪
そして何と言ってもここのカフェで魅力的なのは、歴史あるカフェなのでゲーテをはじめ、シューマン、リスト、ヴァーグナーなども常連さんだったとか。

e0120020_2043022.jpg

しかもシューマンはここでいろいろと演説をし、最愛の妻であるクララともよく語りあったんだって♪

e0120020_20432217.jpg


e0120020_20434020.jpg私も席に座りのんびりとコーヒーと洋ナシのケーキを頂きました。
すっごくボリューム満点でしたがおいしかったです★
さてさて、そろそろ友達との待ち合わせの時間、駅に戻らなくちゃ!
駅前にあったバッハ絵画コンクールの作品をのぞきながら駅へ。


e0120020_20444340.jpg


e0120020_2045062.jpgどれもなかなかかわいい作品ばっかり!
どれどれ、入賞作品は・・・コレ?むむむ、いい味だしてますね(笑)
久しぶりの再会を果たしお世話になるお友達のお家へ。
何と!!!さっきのカフェ・バウムのご近所ではないですか!(笑)
ご縁がありそうですね♪

旅行ブログ
にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]

by musiktraeume | 2007-11-29 20:48 | Reise♪旅行  

Leipzig♪①ピンクとグリーンの教会。

9月の初めにずっと行ってみたかった音楽の街、ライプツィヒに行ってきました。
何といってもとっても有名なゲヴァントハウスオーケストラの本拠地であることや、バッハがトーマス教会のカントルだったことが知られていますが、その他にもシューマンメンデルスゾーンが活躍した地でもあります。
日本に帰国する前にたくさんドイツの音楽を吸収したくて行ってきました♪

☆2007年9月6日☆
さてさて、ライプツィヒに住んでいる日本の大学の友人のお家にお世話になった今回の旅なんですが、彼女との待ち合わせまで少し時間があるので荷物を駅に残してお散歩に出かけてみました。
駅からまっすぐに延びる通りを進んでいくと教会が見えてきました。

e0120020_2311422.jpg

広場を面してその前には大きな建物が。

e0120020_23121648.jpg

e0120020_23124681.jpgガイドブックを見てみるとニコライ教会ニコライ学校のようです。
このニコライ学校には何とあのワーグナーが通っていたらしい!(そうか、彼もライプツィヒ生まれなんだ!)


そしてこちらの教会、中に入ってみると何とも癒される!(笑)

e0120020_231494.jpg

私のダイスキな薄いピンクと緑の温かな色合いの装飾、何だかとっても上品なカンジがします。

e0120020_23144495.jpgこちらのオルガンはドイツ最大の大きさなんだとか。
それにバッハはここの教会でも活躍し、大作『ヨハネ受難曲』はここの教会で演奏されるように作曲したんだって!


e0120020_2315481.jpgバッハはトーマス教会のカントルだけじゃなくって市音楽監督も兼任していたので、ライプツィヒ全域で大活躍だったのでしょうか?
もちろん教会にはバッハの銅像があります♪
音楽の街だ~と初めから興奮しまくりの私は、今度は市庁舎やショッピングストリートを通り抜けある場所を目指しました。
地図を片手にさて、無事にたどり着けるでしょうか?

クラシックブログ

にほんブログ村 クラシックブログへ
[PR]

by musiktraeume | 2007-11-16 23:20 | Reise♪旅行