魔法使い♪

この間の金曜日に無事卒業試験が終わりました。
本当は試験は3ヶ月前の3月だったんだけど、私の生徒が39度の高熱のため試験を受けられず延期となったのでした。。。
今回はもう6月だしカゼをひくこともないだろうと安心してたんだけど、おかしな天気が続き、生徒も2週間前には鼻がぐずぐずしだして。。。
ママにもお願いだから体調管理しっかりねって頼んだ甲斐もあり今回は無事終了しました。
生徒が試験っていうことで緊張してはいけないと思って、『今日はゲストが3人いるだけだからね!』って言ってみると、彼女の答えは・・・『な~んだ、たった3人かぁ。余裕、余裕♪』。。。
おほほ、心配なんて無用だったみたいですね。
私もそれで何とかリラックスできて結構普通通りレッスンを進められました。
しかしもちろん試験なのでいつものレッスンとは違って何と今回はかなり課題がいっぱい。
試験は30分なのでもう時間との闘い。
いっぱいいろんなアイデアを用意してたんだけど、やっぱり30分では全部できず何かすっきりしなかったけど(泣)
今回の私の課題曲は『魔法使い』。

e0120020_18215093.jpg
右のペダルを踏みっぱなしにして、魔法っぽい音楽を作るってのが課題の曲です。
フェルマータ何かも新しく習うので音がゆっくり消えて行くのに耳を澄ますってのも大切なこと。そして最大の課題は・・・魔法使いのお話を自分で作り上げて即興をさせること。
呪文なんかも自分で考えさせてそれに音楽をつけさせるんです。
別の生徒で事前に試してみたんだけど、かなりハイテンションで喜んでやってたので、こりゃいけるかなって思ってたのに・・・いつもはパワー全快で、今日も余裕とかって言ってたのに・・・ナタリーさん、何としおらしかったこと(笑)
呪文なんてごにょごにょ言っちゃって何言ってるのか聞こえなかったわ!
やっぱり何だかんだ言って恥ずかしかったんですね、かわいい♪
前日の夜即興のためマテリアルをせっせと手作りしていた私。

e0120020_1825036.jpg
この微妙な絵たち・・・。
私って本当絵の才能ないわ~(泣)
でも下手なりに一生懸命描いたし何だか愛嬌があるのでいいや(←自己満足。)

2年半のドイツの音大生活で今までで1番いっぱい勉強したし、本当に辛いこともいっぱいあったけど新しい夢を見つけれました。
それは私のピアノの生徒がまたピアノの先生になること♪
何て簡単な夢・・・って人には言われそうですけど、これがなかなか難しい。
それに1から始めて大人になるまでレッスンできるなんて滅多にないんじゃないかな。
ってことで無事大学を卒業できたのでこれからはピアノ教師としてがんばっていきます♪

にほんブログ村 クラシックブログへ
[PR]

# by musiktraeume | 2007-06-04 11:16 | Klavierunterricht♪ピア  

クラリネットの夜☆

私の通っている大学には世界的に有名なクラリネット奏者、e0120020_6311147.jpgザビーネ・マイヤーのクラスがあります。
彼女の夫もクラリネットの教授で2人で一緒に大学のクラスを持ってるカンジ。
そして毎年恒例、聖霊降誕祭の前の金曜日に『クラリネットの夜』っていう2人の教授と門下生たちとの大きな演奏会が行われます。
1部から3部までと普段の演奏会に比べたら格別長いんだけど、クラリネットを中心にもちろんピアノとのデュオ、アンサンブルなどがプログラムに組まれています。
私が特に今回気に入ったのは・・・

Carl Maria von Weber
Gran Duo Concertante op. 48 fuer Klarinette und Klavier

グランドデュオって書いてある通り、ピアノは伴奏ではなくもうクラリネットと並んでの存在感。
すごい難しそうな曲でした~。。。
でも華やかで演奏効果のある曲。
そういや多くのピアニストがこの曲をレパートリーに持ってるな。
あとは・・・

Felix Mendelssohn Bartholdy
Konzertstueck fuer Klarinette, Bassetthorn und Klavier
Nr.1 f-moll Op.113
Nr.2 d-moll Op,114

ザビーネ・マイヤーが吹いたからってだけの理由じゃなくて(笑)バセットホルンとのトリオってのがおもしろかったです♪
それにしてもクラリネット奏者ってすごいって実感。
クラリネットだけでもB管とA管の移調楽器なのにバセットホルンはF管!
頭の中こんがらがったりしないのかしらん。。。
休憩時間に実はトイレでザビーネ・マイヤーとすれ違った私。
ニコってほほえんでくれて美しかった~(笑)
私が通ってるプールにも時々姿を現す彼女、世界のトップスターなのに門下生を大切に思い何だかスバラシイ先生でもあるんだなって思います。
ちなみにダンナさんの演奏会中の曲についての解説、作曲された時代のことなどのミニ知識、なかなかおもしろかったです☆

にほんブログ村 クラシックブログへ
[PR]

# by musiktraeume | 2007-05-27 23:24 | Konzert♪コンサート  

憧れのピアニスト♪

ピアノを弾き続けて23年。
辛い思いをしたこともいっぱいあるし、何度もやめようと思ったこともあります。
でもドイツに留学して5年目を迎え、ダイスキな人たちに出会えて音楽に囲まれた生活をしてやっぱり何て幸せな人生なんだろうってつくづく思う日々。
このブログではそんな私の大切な宝物である音楽についてのこと、音楽に包まれた日々のことを書いていきたいと思います♪

私が通っているドイツのとある大学。
今日は私がひそかに憧れているMariannaさんの卒業演奏会でした。
3年前くらいにクラスの演奏会で彼女が弾くバッハ=ブゾーニのシャコンヌを聴いて超感動した私。
それ以来すっかりファンに(笑)
半年前に男の子を出産したばかりなのにそんなの全然わかんないくらいスリム!
彼女の魅力のパワフルさも健在、それにピアノに座ってる姿や舞台に笑顔で出てくるところなんかが超ステキ☆

今日のプログラムは・・・

L. van Beethoven
Sonate D-Dur op.10 Nr.3
Claude Debussy
Image Heft I
Arno Babadjanian
Poem

-Pause-

Frederic Chopin
Scherzo Nr.1 h-moll, Nr.2 b-moll, Nr.3 cis-moll, Nr.4 E-Dur

スケルツォを後半で4曲ぶっ続けで弾いちゃうところがスゴイ!
その後アンコールでショパンとあとよくわかんなかったけど多分彼女の出身地アルメニアの曲を弾いてくれました。
本当に爽やかな笑顔で弾ききって、彼女のいとこのマリアなんて思わずおたけびあげちゃう始末(笑)
本当は最近疲れ気味で今日はおなかも痛くて演奏会に行くことすごく悩んだんだけど、行ってよかったって本当に思える演奏会でした♪

にほんブログ村 クラシックブログへ
[PR]

# by musiktraeume | 2007-05-23 23:55 | Konzert♪コンサート